People 社員インタビュー

青島 玲央 青島 玲央

自分の頑張りが、事業や会社の成長に。
だからもっと、ここで成長したい。

2019年 入社
ケアリード(福祉用具事業)
福祉用具専門相談員

青島 玲央 reo aoshima

子どもの頃からおじいちゃん、おばあちゃんが大好きで、自然と介護業界を志すように。病院の看護助手を経て、新規事業の営業メンバーとしてわかばへ入社。持ち前の明るさと人懐っこさで、多くのご利用者さまに孫のように可愛がられている。趣味はフットサルと居酒屋めぐり。

面接で感じたエネルギーと<br />
ワクワク感が、入社の決め手。

面接で感じたエネルギーと
ワクワク感が、入社の決め手。

高校時代に介護福祉士の資格を取得し、その後、地元の静岡を出て東京の専門学校に通い始めました。卒業後は病院の看護助手という仕事に就き、患者さんの身の回りのサポートを担当。1年ほど働く中で、さらにステップアップして自分の可能性を広げたいと考えるようになり、転職活動を始めました。経験を活かしながら、ビジネススキルを磨ける仕事を探していたところ、出会ったのがわかばケアセンター。面接がとても印象的で、なんというかすごくエネルギーを感じて(笑)、ワクワクしたのを今でも覚えています。「ここなら、自分のやる気をぶつけられる!もっと成長できる!」と直感して、ほかにも4社ほどに内定をいただいた中から、わかばに入社することを決めました。

初めての営業職は失敗の連続。<br />
それでも、ここまで育ててくれた。

初めての営業職は失敗の連続。
それでも、ここまで育ててくれた。

入社後は、当時立ち上がったばかりの、ケアリード(福祉用具事業)の福祉用具専門相談員という職に配属になりました。車いすやベッド、杖などの福祉用具のご案内や、手すりの設置などをご提案する営業の仕事です。もともとコミュニケーション力には自信があったはずなのですが、営業職は初めてということもあり最初は失敗もたくさんしました。商品数がとにかく多いので覚えるのも大変ですし、トークも噛み噛みで…(笑)。ですが、周りの先輩や、社内にいるわかばのヘルパーさん、ケアマネジャーとも頻繁にやりとりができるので、知識をつけるには恵まれている環境だと思います。私のように営業職が未経験でも、しっかり育ててくれる。そんなところも、この会社の良さですね。

自分が関わるからには、<br />
絶対に幸せにしたい、という強い想い。

自分が関わるからには、
絶対に幸せにしたい、という強い想い。

ご利用者さまに対しても、そのご家族さまに対しても、「自分が関わるからには絶対に幸せにしたい」という思いを持って、仕事に臨んでいます。ご本人の身体の状態や、家のつくりなどによってどのような福祉用具を提案するかは変わってきますし、決まった型がない仕事です。だからこそ、ご本人やご家族さまの声にしっかりと耳を傾け、会話をすることで、その人を知ることを大切にしています。営業なので、時には「いらないよ」と門前払いされることもあります。ですが、今は必要なくても、いつかは必要になるかもしれない。実際に、「やっぱり、ないと困るね。提案してくれてありがとう」というお言葉を、これまでたくさんいただきました。そのように、長期的に人の役に立てることはこの仕事のやりがいですね。これからも根気強さを忘れずに頑張りたいと思います。

自分の成長が、事業や会社の成長に。<br />
それを身をもって体感できる場所。

自分の成長が、事業や会社の成長に。
それを身をもって体感できる場所。

今の仕事は楽しいですが、まだまだ先は長いので、将来を見据えて可能性を広げてゆきたいと考えています。立ち上げ間もないケアリードの部署で働く中で、「この会社なら、自分自身の頑張り次第で事業を大きくしたり、貢献することができる」と身をもって感じることができました。なので、今後も積極的に新しいことに挑戦してゆきたいと思います。完成された環境で働くより、発展途上の環境で頑張る方が、燃えますしね!面接で感じた、チャレンジを歓迎してくれる、エネルギッシュなわかばの社風。ここで、新しい事業や新しい仕事、新しい社会的意義…いろんな介護福祉の可能性を見つけてゆきたいです。

banner

Entry応募について

お客様によりそう気持ちを大切に、
日々前向きにチャレンジしつづける。
そんなわかばの仲間と、
あなたも一緒に働きませんか?

page top