Information

Information お知らせ

介護報酬改定 2021.05.24

介護報酬改定に伴うわかばケアセンターの取組み(訪問編)

4月より介護報酬改定がありましたが訪問介護は大きな変化はなく皆様安心したのではないでしょうか?
わかばケアセンターではこの報酬改定に伴う様々な修正・調整を行っていた縁の下の力持ちがいました。

訪問業務管理課 白井課長です!

今回は訪問介護事業部 介護報酬改定の取組みについて白井課長にインタビューを行いましたのでご紹介いたします。

Q:介護報酬改定に伴い取組んだことは何ですか?

A:今回の報酬改定については訪問介護はご利用者様の料金変更が主でした。
もう一度契約を取り交わす必要があったため、契約書の修正が必要でした。
契約書の内容を間違ってはいけないため、何度も何度も確認しました(汗)
加算の表記を変更し、みんなが理解しやすく、説明しやすいように改善し作成を行いました。

Q:みんなに周知した後はどうでしたか?

A:今回は大きな改定はなかったため、現場の管理者に周知を行いました。
また、再契約がスムーズに行われるよう事前に文書でアナウンスし、場合によっては電話でも説明、契約日の調整、料金変更が実際にある方をピックアップし優先的に契約を行う流れにしました。改定の度にいつも現 場は大変です。今回もバタバタでしたが、ご利用者様に混乱が生じないよう努力したつもりです。

Q:改定後はどんな取組みをしていきたいですか?

A:わかばケアセンターは特定加算を取得していますので医療依存度の高い緊急性がある方の受け入れを頑張っていきたいです。なかなか難しいですが、、、(汗)
身体ケアはもちろんメンタルケアも重要になってきますので、技術力・コミュニケーション力の向上、そして一番大切な接遇の強化!に努めいていきたいです。
また、改定後というわけでないのですが訪問はコロナウイルスの影響を受けやすく苦しい状況が続いています。わかばケアセンターは職員の数も多いため濃厚接触者や感染疑いのある職員はすぐに担当を変更し、なんとか休ませることができたので感染拡大防止が行えました。ただ、コロナウイルスは長期戦になってくると思いますので、ご利用者様の感染疑いのある方に対してすぐに断るのではなく、どうしたら職員が安全にサービスを行えるのか考えどんな時でもご利用者様の生活に”よりそう”サービスを続けて行きたいです。今後も中だるみなく、凡事徹底!基本的な感染予防対策を怠らない!みんなへアナウンスを続けていこうと思います。

Q:最後に同じサービス提供責任者の皆様に伝えたいことは何ですか?

A:コロナウイルスは残念ながら早くは治まらないと思うのでnewスタンダードをつくっていきましょう! コロナウイルスがいる世界が当たり前の事として取組んで欲しいです。私自身、「早く前の生活に戻りたい」という考えを止めました。 昨年来、ずっと個人的緊急事態宣言をといていないので、引きこもっていましたがストレスがすごくて…今は対策を取って安全に出来る事を少しでも楽しもうと頑張ってます。皆さんもコロナウイルスのストレスで免疫力を下げないよう上手に発散する方法を見つけてほしいです。

以上、白井課長のインタビューでした。

今だかつてないコロナウイルスが蔓延した中、白井課長はいつも落ち着いた対応で助言をしてくれるので、何とかわかばケアセンターもコロナウイルスと付き合っていけています。いつも本当にありがとうございます!

 

トピックスをご覧いただきありがとうございます。
これからもわかばケアセンターを宜しくお願いいたします。

+6
page top